子牛の部屋トップページ

孔子に憧れ、孔子を敬い現代社会の中で懸命にもがき生きる、中年の小さな子牛。
数々の失敗、挫折を味わいながらも自らの道徳道を展開

子いわく、”五十にして懸命を知る”